頭金不要の1棟買い不動産投資
大家さんがやる「空室対策入門編」

2009年02月01日

頭金不要の1棟買い不動産投資

頭金不要の1棟買い不動産投資

年収243万円、勤続2年にも満たない男が、1億2,500万円の投資用不動産を購入できた驚愕の方法を初公開












ビンボーのドン底から頭金を使わず、不動産投資を始め10棟もの不動産を手にし、毎月の家賃収入1,200万円も手にする男の事を知りたくありませんか?





頭金不要の1棟買い不動産投資で金持ちになる お気に入りに追加
低所得、勤続2年未満の人間が、投資用1棟マンションを購入する方法



なぜこのやり方を知ると
20代 年収243万円の若造まで
1棟マンションを購入し、家賃収入で
遊んで暮らせてしまうのか?


   元プータローが教える、全くのゼロから
   わずか1年間で3棟ものマンションを購入した
その恐るべき手法を初公開




お金持ちになって悠々自適な生活を送りたい。誰もが夢見ることでしょう。
私もそう思ったひとりです。そして、そんな生活を手に入れることに成功しました。

あなたもその夢を、叶えてください。



(イメージ)


不動産に興味を抱いたあなたはきっと『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだ事があると思います。
お金の哲学について述べている書籍で、日本でも大ベストセラーになりました。
著者のロバート・キヨサキ氏は本の中で語っている通り、不動産投資でお金持ちになりました。

この本を読み
「不動産投資で金持ちになれるなら、実践してみたいな」と思ったかもしれません。

では何故あなたは、『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだのに、不動産投資をしていないのですか?

そんな質問をされると、耳が痛いとあなたは言うことでしょう。
あの本には、「具体的にどう行動したら良いのかが全然書かれてないよ」と反論するかもしれません。

あるいは、あそこにかかれている成功物語は、「今の日本の現状では実現不可能な夢物語さ」と
他人ごとのように言うかもしれません。

そんな『金持ち父さん・・・』の読者卒業生である、あなたに是非知ってもらいたい、
決して夢物語でなく、実現可能なことであることを。
「どうしたら不動産投資で億の財産を築くことが出来るのか」を。





--------------------------------------------------------------------------------
今の私は、お金には困りません。好きな時にふらっと飛行機に乗って地方に旅に出たり、
海外にも飛んでいくことが出来ます。日がな1日読書をしようと思えば、寝っ転がって読書三昧にふけることも出来ます。

こんな生活をあなたも手に入れてみたいと思いませんか?あなたならきっと出来るはずです。
マニュアルに書いてあることに忠実に守っていけば、あなたも億の資産を築くことが出来ます。
出来ると断言します。

何故なら、お金の無かった元プータローの私にも出来たのですから・・・

私が悪戦苦闘の中から掴んだ、不動産投資で成功する方法を一挙に公開し、1人でも多くの日本人に『金持ち父さん 貧乏父さん』に描かれていたことを実践していただきたいと、本当に思っています。

『金持ち父さん・・・』は決して、欧米の成功者のフィクションではありません。日本人であるあなたも、きっと”金持ち父さん”になれるはずです。

それにはより大きなマインドを持つことが重要です。
そのあたりのことも具体的に網羅してみました。




--------------------------------------------------------------------------------


  こんにちは。不動産投資家の沢村隆です。
  
  恥ずかしながら、以前の私は日々の生活もままならないくらい
  お金のない、俗に言うプータローでした。

それがあることをきっかけにして、不動産投資家として豊かな生活を送れるようになりました。

『金持ち父さん・・・』を読んで、志を持ったあなたにも同じ喜びを感じてもらいたい、という一心でこの手紙を書きました。

元プータローだった身からすれば、サラリーマンや自営業者であるあなたは、間違いなく
私よりも早く資産を築けるはずです。


 (不動産投資専用通帳の一部です)




--------------------------------------------------------------------------------
わっ、お金がない、どうしよう!

明日は電気料金の引き落とし日なのに、口座に全然お金が入っていない。すでに電話料金は滞納で、通話も出来ない日々が続いている。いけない、このままでは・・・

気ままな生活を送ってきたツケが、今ここで一気に噴き出してしまった。

働かない生活が続いているので、お金が無くて当然だ・・・。
でも、ここでのたれ死んでしまうわけにはいかない。
何としても這い上がらねば。
でも先立つものは何もない・・・

振り返ってみれば、こんな生活をするためにフリーターを長くやっていたわけではない。
自分には夢があった。 一流のミュージシャンになることだった。でも目的と目標が曖昧なまま、ずるずると時間だけが過ぎていった・・・

金がないということは、いろいろな付き合いにも参加できない。
すると仲間は1人欠け、2人欠け、みんな自分の元を去っていった。

こんな状況を、何とかしなければならない。
でも、本当に先立つものがない・・・





--------------------------------------------------------------------------------
古いアパートの一室でずっと考えこんだまま、数時間が過ぎていった。
ここには風呂などないし、トイレがある程度だ。台所と呼べるようなものもほどんど
ない。6畳和室1間、26,000円の家賃だが、それさえも払えるかどうかという瀬戸際だ。

なぜこうなってしまったのだろう?もっと大きな目標があったではないか・・・?

あれこれと思案を巡らしているうちに、時間だけがどんどん過ぎていく。
本当はもっと大きな自分になりたかったのではないか?・・・

そうだ、もっとビッグになって、見返してやりたいやつもいっぱいいる。必ずお金持ちになって、みんなを見返してやりたい・・・

そんな思いだけがふつふつと沸いてくるのだが、現実はどん底にまっしぐら。
このままではいけない・・・。





--------------------------------------------------------------------------------
そういえば数日前に、町で古くからの友達にバッタリ会って話したっけ。

友:「相変わらずの生活をしているみたいだな。でもおまえ、確か金持ちになりたいんだって言ってたよな?今でもそう思い続けてるのか?」

私:「うん。そうだよ、今でもなりたいと思っているよ。」

友:「だったら何かを変えないと、金持ちにはなれないよね。」

私:「そうだね・・・。」

友:「本当のお金持ちって知ってるかい?」

私:「え?なに、それ」

友:「本当の金持ちっていうのは、あくせく働いてなんかいないんだよ。上場企業の会社の社長が、本当の金持ちじゃないんだよ。」

と、友達は事もなげに言ってくれた。

彼は立場上、本当の金持ちと接する機会に恵まれた人間だったのだ。そして具体的に見てきている金持ちは、決してあくせくと働いてなんかいない。みんなのんびり優雅に暮らしている。
それなのに長者番付の上のほうには決して出てこない。そんな話が頭の中をよぎった。

私:「そうか、金持ちはあくせく働かないんだ。じゃ、どうやって金持ちになっているの?」

友:「うん。不動産投資とか、株の投資で資産を増やしているんだよ。」

私:「そうか、不動産投資か、株式投資か。」

・・・でも、先立つものがないな。




--------------------------------------------------------------------------------
友:「株の投資と不動産の投資、両方をやっている人間もいるけれど、どちらかで大きく成功している人は結構いるよ。」

そして、株向きの人間と、不動産投資向けの人間は気質によって違うということも教えてくれた。

株のほうは比較的細かく、いろんなことで数字を常に見ている、そういうタイプの人間のほうが向いている。不動産投資のほうは、物事を大きく捉えて、大胆な戦略を打てるタイプの人間のほうが成功する・・・そのようなことを語ってくれた。

そして、

友:「おまえは絶対、不動産投資向きだよ」

と、言ってくれた。何を根拠にそんな事を言うのか、友達の目的も皆目理解できないし、そう言われてもただの夢物語のようで、現実味を感じない。
こんなどん底の生活の中で、不動産投資なんてできるわけもない。とその時思った。



でもその日、三日月が煌々と見える部屋の中で、四六時中ずっと考え込んだ。
どうしたら自分は不動産投資ができるのか?どうしたら成功できるのか?
一晩中まんじりともせず、明日の支払のことなどこれっぽちも考えず、ずっとそのことだけを考えていた。

翌朝、さっそく”どうやって不動産投資の第一歩を進めるか”ということで、何かしら資料はないかと思って、図書館に行ってみた。しかし、これといって良い資料に巡り会えるはずもなく、ただ漫然と時間だけが過ぎ、もう帰ろうと思った矢先に1冊の本に廻り合った。



--------------------------------------------------------------------------------
そこに書かれていたことは、不動産投資をする場合、その不動産自体が担保価値が高いことと、収益を生み出すことから、資金がなくても銀行からの融資を受けることで購入が可能だということだった。

また、融資を受けることが一般的であるとも書いてあった。
「借金するのが当たり前?!」
お金のない自分にも、希望の光が見えてきた。

しかし、喜んだのもつかの間・・・

銀行融資を受けるためには、本人の「属性」が問われるということであった。
「属性」とは、その人の資産背景の事で、サラリーマンで云うとどんな会社に勤めて
いるのか、勤続年数はどれくらいか貯金はどの位あるかと云うことである。

そうか。「属性」か。自分の今の姿のままでは不動産投資をする資格さえも無いんだ。
いままで目指していたものがすべて否定され、絶望の淵に取り残されたような気分にさせられた。

お金持ちに成るためには、今の気ままな生活から抜け出さなくてはならないのか?このままミュージシャンとして成功する事は夢物語だと云うのか?

悶々と考える日々が続いた。

そうだ!金持ちになることが目指していた本来の目標じゃなかったのか?なんでミュージシャンになりたかったのかという事も、突き詰めれば大きなお金を手に入れたかったからに他ならない。

であれば、より現実的な行動を取るしか方法はないはず。




--------------------------------------------------------------------------------
もうこんなプータローの生活はやめて、会社勤めをして、ある程度銀行の信用力を付けないとお金は借りられないんだな、と考え私は決心した。
「会社勤めをもう1度しよう」

学校を卒業してから1年半の間だけ会社勤めをしたことがあった。その後はアルバイトをしたり、何も仕事をしなかったりという日々が続いていたが、もう1度サラリーマンになることを突然決意したのだ。

プータローからサラリーマンに戻るのは結構ハードルが高い。社会経験が無いに等しいのだから、面接でも落とされ続けた。現実の厳しさが嫌というほど身に応えた。サラリーマンさえも無理な身分に自分はなっているんだと、嫌がおうにも自覚させられた。

就職活動を続けていたある日、ようやく某会社の営業職に入ることが出来た。
スキルがないので、その時点で殆ど落ちこぼれサラリーマンになることは、約束されたも同然だったが。

そうして自分の属性を上げる事だけを目的としたサラリーマン生活を、なんとか継続させる日々は続いた。




--------------------------------------------------------------------------------
やがて月日が過ぎて3年ほど経ったとき、『金持ち父さん 貧乏父さん』が出版された。
日本でも大ベストセラーになった。その本を幾度も幾度も読み返し、自分のマインドを大きく膨らませることにした。

「このままではいけない」と誓ったあの日から、もうすでに3年も過ぎた。ここで何としてでも不動産で金持ちになるんだ・・・自分に言い聞かせた。幸い会社勤めをして3年過ぎたので、銀行の信用力もついたであろう。

そこで一大決心をして、不動産を探し回った。でも、来る日も来る日も、何を基準にして探してよいのか分からない、暗中模索の状態が続いた。

ある日、ようやく1つだけ良い物件に巡り会う事が出来た。3億円の物件で総タイル張り、鉄筋コンクリート6階建ての綺麗な1棟マンションだ。これこそ自分が探し求めていた
物件である。

この不動産を手に入れさえすれば念願だった不労所得による生活を始める事ができる。
念願の恋人にでも出会えたような高揚感がふつふつと込み上げてきた。





--------------------------------------------------------------------------------
喜び勇んでさっそく銀行に向かい、その物件を元に全額の融資を頼んだ。
しかし、けんもほろろに撥ねつけられてしまった。

それでも、金持ち父さんに絶対になってやると決めているので、めげるわけにもいかない。なんとか気力を振り絞って、別の金融機関に当たったが・・・

やはりだめだった。

「あ、自分は融資を受けられない人間なんだな」そのとき初めて悟り、また同時に
挫折感を味わってしまったのだ。

自分の属性が良くないのか、購入価格が高いのか、あるいは銀行側から見て融資
に値する物件なのかどうか、それすらも判らず、融資を依頼しては、
拒絶される日々が続いた。

当然、不動産関連の本もたくさん読んだ。しかし、それを参考に実践してみても、
相変わらず良い返事がもらえない・・・

何がいけないんだろう?きっと根本的なやり方が違うんだな

サラリーマンの生活を続けながら、物件の選定と融資の依頼を続ける事は本当に
気力のいる作業だった。よくあれでメゲなかったと我ながら感心する。




--------------------------------------------------------------------------------
そんな悲惨な日々も、ある事をきっかけに飛躍的に改善されることになった。1棟目の不動産が買えたのだ!

しかもいきなり億の物件である。税引き後の手取り収入もかなりのもので、
年間300万円以上もあった。そこからは快進撃で不動産を次々と買うことが
できた。

そして、念願だった不労所得で生活ができるようになった。お金に余裕ができてからは伴侶にも恵まれ、すばらしい家庭を築くことができた。あんなにお金に苦しんでいた事がまるで嘘のように、今は余裕の生活を送ることができている。

なぜ貧乏だった私があっという間に数棟の物件を手に入れ、しかも悠々自適の生活が
できるようになったのか?

あなたには、その一部始終を公開しようと思います。



下の写真は、所有物件のうちの3棟です。







--------------------------------------------------------------------------------

私が不動産投資について学び始めた頃は、参考にする本が殆どなく、
すべてが手探り状態でした。断片的な知識で行動するとつまづく事の
連続です。

何故うまくいかないのだろうと、日々悩んでいたのです。
お金のない自分には不動産投資は所詮無理なのかな?と、
何度も挫折しそうになりました。

夢を追う事など諦めてしまおうかと思ったことも数えきれません。
でも諦めなかったのです。

そのうち、不動産を取得するためのいい出会いがあり、アドバイスに従い実践を
繰り返すと、だんだんコツを掴めるようになったのです。
そして自分なりの突破口を見つけることができました。

自分が見落としていたことを改めるだけで、簡単に実績が積みあがって
いったのです。

もし、最初からこれだけのノウハウを知っていたならば、
もっと早い時期に不労所得で豊かな生活を送っていたことでしょう。

あなたももしかしたら、私と同じところでつまづき、不動産投資を
諦めてしまっているかもしれませんね。

本当に1棟もの投資物件を購入できるのでしょうか。

マイホーム購入の融資でさえ、あなたは躊躇するかもしれません。
ましてや、物件を1棟購入することなどは、無謀と思っているでしょう。

でも、本当にできるのです!
あなたの今の生活状態よりも、恐らくもっと悪かった私に出来たのですから。

次はあなたの番です!
是非ここで学び、そして実践してください。





--------------------------------------------------------------------------------

どんな物件を選べば、最大の利益をもたらしてくれるのでしょう。

それはあなたが欲しい物件を探すことではないのです。
銀行が喜ぶ物件を探すことが大切になってくるのです。

あなたは物件に対し、銀行員と同じ視点を持つ必要があるのです。

そのためにも、物件価値の算出方法とローン返済計画についての戦略は
必須になってきます。


何の為の投資か?

不動産投資の目的地

サラリーマンこそ不動産投資向き

サラリーマンでも億の借金は出来る

マインドセットとマインドコントロール

ラットレースから抜け出す

手金を使わない物件購入法

自己資金を使わず、2棟目以降を買う方法

不動産投資の醍醐味、イールドギャップとは?

不動産投資とレバレッジの関係

他人の力を使い物件を手に入れる

他人のお金で金持ちになる








--------------------------------------------------------------------------------

利益を生み出し、不労所得を得るための最大の肝になるのが物件選びです。
限りない不労所得を約束する物件を選ぶには、あるポイントを知らなくてはなりません。

ポイントを知らないと収益をあげることは出来ず、お金持ちの道は遠ざかります。
外観の綺麗さや、自分が住んでみたい物件を選んではいけないのです。
ついそんな物件を欲しがりますが、グッと我慢して下さい。

収益をあげることが最優先なのを、絶対に忘れてはいけません。

不動産投資をするのはあなただけではありません。
他の投資家もあなたと同じように、最良の物件を探しているのです。
情報収集と物件の見極め方を学んで、ライバル達をギャフンと言わせて下さい。


他人より早く物件情報を得る方法

物件調達のための自己アピール法

良い物件を素早く流してくれる会社との付き合い方

良い物件情報が入った時起こす行動とは?

私が物件を選別する際のポイント

なぜ買って損をする物件が売れるのか?

現地調査の見落とせないポイント

空室リスクを回避できる物件

内部を見ている暇はない

土地と建物の配分はお金に直結

手付金を払わず決済する方法

利益を出すため知っておきたい物件の構造








--------------------------------------------------------------------------------

不動産投資は、金融機関の融資を受けて物件購入することが一般的です。

実は頭金がなくても出来るのです。
頭金さえ使わず不動産を購入する。これが私が伝えたいポイントのひとつです。

そして私のやり方をマスターすれば魔法のように融資を受けることが
できるようになるのです。

そのポイントを少しお話しすると、銀行があなたをどう見ているかを
知らなくてはならない事と、銀行の視点で物件を判断することです。

そしてなぜ頭金も無い状態で物件が買えるのか?
私が銀行融資のためにとったある戦略をお話しします。



銀行はあなたのココを見る

あなたの知りたい、銀行の審査基準

融資の判断基準「属性」とは?

自分の借入れ金額の目安を知る

フルローンを引っ張る可能性

銀行から有利な融資を引き出す方法とは?

融資審査でハネられないために抑える点

融資を断られた場合の対処法

銀行の考える担保価値について

スピードを上げる為に必要な担保とエクイティの概念

アパートローンの融資適用事例

融資担当者の視点で作成する事業計画書とは?








--------------------------------------------------------------------------------

お金を残すためには、やり方があるのです。
ただ漠然と不動産の購入をしてもお金を残すことはできません。

戦略を持たずに短期間で資産を増大させることは不可能なのです。
しかし、ある視点を持って行動すれば、極めて短期間で資産が増やせます。

本書で押さえるべきポイントを知り、あなたも短期間でお金持ちの階段を
駆け登ってください。


投資を安全にするための戦略

指値なしには買えない

共同担保と別担保とは?

銀行が担保に取れない物件は買うな

エクイティを知らず短期間に資産を増やせない!

キャッシュを増やす税の取り戻し方とは?

初年度のROIの設定目標

減価償却のうまいやり方

物件に惚れ込まずに数字に惚れ込む

自分で建物割合を決めないと損をする

利回りだけではお金持ちになれない

不動産投資に与える少子高齢化の波








--------------------------------------------------------------------------------

不動産投資を行なうためには、これら3つの戦略が必要になってきます。

 1.優良物件調達のための戦略
 2.融資を受けるための銀行への戦略
 3.お金を残し殖やすための戦略

この戦略を有効に使うことで、資産倍増のチャンスを得ることができるのです。

投資のスピードは重要です。

決断と実行を素早く行なうことで、勝負が決まるといっても過言ではないでしょう。
このマニュアルを読んで実行すれば、夢の不労所得を手にできるのです。

不動産投資で資産を殖やすことは、決して難しいことではありません。
私がこれまでにぶつかってきた数々の壁ですら、
あなたはマニュアルを読むことで、難なくクリアできるからです。





--------------------------------------------------------------------------------

不動産投資に成功した私は、極貧生活を救うきっかけになった友人に
あることを相談しました。
彼の一言がきっかけで、私がゆとりの生活を送れるようになったことを常々
喜んでくれていたのです。

そして今回このマニュアルを販売することを相談したところ、
「お前のように一文無し状態から不動産投資で成功した人間は非常に稀だ。
投資で成功した肝心の部分は、自分で掴んだ方法だよね。
そんな大切な肝の部分を本当に披露していいの?」

「ライバルが確実に増えるから、独り占めしたい気持ちも本当はあるよ。
でも、勉強しても成功できず、過去の自分と同じ悩みを抱えてる人がいると思うと、
自分だけ良ければ・・・と思えなくなってきたんだよ。」

不思議なことに、生活にゆとりができると精神的にも余裕がでてきます。
以前は、周りを見返してやりたい一心から、金持ちへの執着があったのが、
最近はそんな気持ちが恥ずかしく思えてくるようになったのです。

そんなわけで、あなたを成功に導くマニュアルの販売を思いついたのです。

では、このマニュアル一体いくらで提供するべきか・・・
20万円?50万円?

恐らく、あなたが今から不動産投資の実践法を学ぼうとすれば、
間違いなくそれくらいの金額を先行投資することになるでしょう。


ちなみに私がこのノウハウを構築するために払った代償ですが、
書籍や教材の購入が50万円、セミナー参加費が200万円です。
そして、それまでにかかった時間は、7年と4ヶ月にもなります。


友人にも相談したところ、
「自分がこれまでつぎ込んだ勉強代よりも安くしないと、販売する意味がないよね。」
と言ってくれました。そして、これが二人の共通した意見になったのです。

「頭金なしでも買える!」と言いながらも、この教材費が負担になってしまっては
本末転倒です。


その結果、59,800円で提供することにしました。


これでも、まだ高いと感じますか?
このマニュアルであなたは億の資産を築くことができるのです。
決して高い買い物ではないはずです。

私は、このマニュアルを数千円で提供しようと思えば、それも確かに可能です。

しかし、このマニュアルが誰にでも手軽に手に入るものになってしまったら、
優良物件を奪い合う場面が増えてしまい、物件購入のスピードダウンを余儀なく
されてしまいます。

また、このマニュアルの核となる部分は、秘匿性の高い情報ですので
できれば私もあまり広めたいとは思いません。
なぜならたくさんのライバルを増やしてしまうことになるからです。

せっかく意を決して購入していただいても、このノウハウが使えなくなっては
意味がありません。


ですから、真剣に不動産投資を考えているあなたにだけ手にしていただきたいのです。
そして、そのための価格設定とさせていただきました。

ただし、スグにでも実践したい!そう決断したやる気のあるあなたには、
特別に発売記念価格として、¥29,900で提供したいと思います。

本気で資産を殖やしたいと思っているのであれば、今すぐお申込みください。
頭金不要の1棟買い不動産投資で金持ちになる





posted by 1to at 09:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。